看護師と浮気するセックスしたい時は男を漁りまくる淫欲

 看護師浮気の相手した看護師もセックスしたい、浮気や不倫は日常で俺は入院が初めてで見るもの聞くものが珍しくドキドキの楽しい日々でした。

 

 テキパキとよく働く看護婦さんは可愛いし見てるだけで安らいだ。ある日友人が見舞いに来て「おい!入院中に看護師に手を出したりするんじゃねえぞ」と、俺の横の美人看護師さんばかり見ていた。

 

 その気持ちも分かるが、そんなバカなことがあるはずない。隣のベッドにいた看護婦さんが喋りはじめた。

 

「そうなんよ!隙あれば私の尻を触ったりするんですよ」。「いいですね。セクハラですからね」彼女はキッと俺を睨んで病室を出て行った。

 

 童顔の可愛い顔の看護師だ。先輩たちから笑われながらも「よくある話じゃん!週刊誌で見たことあるぜ。若い患者の肉棒求めて深夜に忍んで来る看護師の実情!!なんてさ!」俺は「ないない、ゴシップ雑誌の記事はウソだよ」。

 

 こんな都合のいい話あるわけがないじゃないか。バカバカしい・・患者の妄想に過ぎない作り話だよ。

 

 やがて、静かな夜がきた。深夜の病院は一種独特の暗くて怖い雰囲気がある。静かで人の気配はあるようでない。

 

 

 また、救急車で急患が運ばれて大勢の看護士がドカドカ走り回っているとか、緊迫した空気さえある。俺は毎日退屈の連続で看護師のお尻でも触らないと、やってられないと思っていた。

 

 

 普段から宵っ張りで、なかなか寝付けずに深夜まで起きている本を読んでいる。と、ナースが音を立てずに俺の病室にはいってくる。

 

「おお〜びっくりさせるなよ」

 

びっくりして、マジで大声をあげて驚く。

 

「声を出さない。静かに」
「何んスか?夜中に検査スか」

 

俺は動揺して間抜けのことを言った。

 

「静かにしてシー」と

 

 言ったかと思うと、本当に驚いたのは彼女がモソモソと足の下から俺の中に入り込んできたのだ。

 

 

 小高くこんもりと盛上がったシーツの影は、俺の下半身にしがみついてくる。パジャマの上から、股間のアソコを揉み始めた。そして、パジャマと一緒にパンツも引き下げられていく。

 

「あの、あの、ねえ〜なあ〜」
「ダメだよ。あああ〜〜」

 

「ズズッズウ〜」

 

「ふっふっ!おいしいです」

 

甘ったるい声が聞こえてくる。

 

 白い布が上下に動いている。彼女は俺のものを咥えながらしごいているのだ。これはとにかく仰天したまま彼女にフェラチオをされ続けた。

 

 突然の嵐のような出来事に緊張している俺はペニスをいきなりしゃぶられても、そうそう気持ち良くなるわけがないズルズルシュパチュパと音を立てて吸い上げられる。

 

 

 自然に力がみなぎりジワジワと快感がこみあげてきる。そういえば入院してからも何日も長い間オナニーをしていない。「駄目だ。駄目だ。出る」快感が一気に高まった。

 

「ヒエーあああ〜〜」

 

 俺は童貞の時のような情けない声をあげてしまった。彼女の頭をシーツの上からグット抑えた。

 

 

 ググッウウ〜と声を洩らし美人ナースの口の中で俺は爆発してしまった。溜まりに溜まった大量の精液はきっと濃厚だっただろう。ナースはしばらく黙って必死にそれを呑み下そうとしている様子だった。

 

 

 看護師と浮気したいと思う人、僕のようなタイミングのよいことはまずありえません。看護師とセックスなら出会い系がいいのです。これは直接看護師さんから聞いた話です。

 

仕事の時間が合わない、休みの日が決まっていないので、彼氏とデートもできない。意外と彼氏がいない人は多いようです。下半身が疼くときは即会い出来る人と会うと言うことです。意外とナースと出会えるかもしてませんね。

 

看護師浮気,看護師 セックス

 

【蒼汰 23歳 会社員 愛知県】

 

通常500円分のポイントが付きますがここから登録すると1000円分の無料ポイントが付きます。

 

ここから
看護師浮気,看護師 セックスTOPへ不倫アプリサイトで不倫関係の相手探しのコツは>>