熟女と不倫エッチ好きな人妻40代性欲は底なしだった

 熟女と不倫するサイトで知りあった美熟女40代の性欲は果てることなくエキサイティングなセックスだ。

 

 

 彼女はもう一方の乳房を自分で持ち上げ興奮のためか,こんな光景は見たことがない自分の大きな乳房を吸っている姿に圧倒された。

 

俺は驚きでドキドクしながら初めてみるそれを見つめて、いっそう刺激される。40代の熟女は出産経験ない彼女はなだらかな曲線でできており若々しさを残している。

 

 

「私はまだあなたのお味見をさせてもらってないもの」

 

 彼女はそのまま体で回転させた。シックスナインになって、目の前にはなんとも大迫力の秘壺が迫ってくる。ぬらぬらの淫液にまみれて秘壺があって声も出せない。

 

 

 俺のイチモツが温かな粘膜に包まれた。俺たちは互いの性器に顔を埋めた。彼女の口の中は暖かくて気持ちがいい。彼女のフェラチオは甘くてやさしい快感がこみ上げてくる。

 

 

 しばらく、二人とも声を出さない。ジュルジュル彼女の舌使いを味わいたいという気持ちが終わりにならない。時折、彼女の「あん、あん、うう〜いい〜美味しいわ」という彼女の声が聞こえる。

 

 

 俺は無我夢中で彼女の秘壺を舐めまくった。彼女の蜜壺をさらに攻め立て股間を彼女に擦りつけた。

 

 

 部屋が薄暗いので色など細かい形のよくわからない、でも舌先で探った感触では、そして突っ込んだ指の締め付けられている触感や溢れれてくる淫液の量が半端じゃない。

 

 

 指ピストンをしながらクリトリスを吸い上げると鼻がアソコにすっぽり埋もれて溺れ死にしそうになる。

 

「あ〜〜あふうん〜クリトリスそんなに吸っちゃダメよ、そんなに吸ったら気持ち良過ぎるじゃない」

 

 

 彼女のダメ!だめよ。は挿入している指を2本3本に増やしクリトリスを指先で中身をほじりクリトリスを唇をすぼめて吸った。

 

クリトリス攻撃は相当な効果を見せているようだ。

 

彼女は咥えていた俺のペニスを離し、

 

「ひぃ〜〜くふふふ〜」

 

 噎せ返るオスの淫臭が彼女をさらに興奮させているのだろう。震えるアヌスを見ていると、本当に我慢できなくなり彼女のデカイ尻を両手に抱えてカバリと体を起こした。

 

「ああ〜」彼女の腰をつかむ爆発寸前の一物を秘壺に近づける。おれの両足の間で、もがく彼女の尻肉を押し開き、唾液に光る亀頭をズボリと夢中になって突き入れねじ込んだ。

 

「うっ!ふう・・ああ〜〜」

 

 シーツに顔をうつぶせになり、彼女の壺を容赦なく尻を割って侵入した。大洪水のものは侵入を待っているに予想以上に締めつけてくる。中でキュッキュッとリズミカルに締め付けてくる。

 

 

 侵入を深めるとペニスのカリ首がゆっくりめくれ上がるほど痛みを感じる。そして、じわりじわり根元までぶちこんだペニスに今度はそのたぎる蜜つぼをぐるぐるとかき回してやった。

 

彼女の声もあげられずおれの足の間で肩を震わせ荒々しい肉の交わりにわなないている。真上から杭をこれでもかとばかりにバズンバズンと打ち付ける。

 

 

「うう〜〜ダメだ。気持ち良すぎウウウ」

 

久しぶりに味あう女の肉の心地よさに俺はあっけなく敗北を悟ってしまった。

 

「ああ〜熱い〜ウウウ」俺は本能のままドクンドクン彼女の子宮の奥まで精液を満たした。

 

熟女不倫,40代性欲

 

【昌介 25歳 栃木県】

 

通常500円分のポイントが付きますがここから登録すると1000円分の無料ポイントが付きます。

 

ここから
熟女不倫,40代性欲TOPへ不倫アプリサイトで不倫関係の相手探しのコツは>>